NAHA協会とは?(National Association for Holistic Aromatherapy)

こんばんわ🐷

 

今日は、海外(米国)のアロマテラピーの

団体の概要の解説として、

NAHA協会とは?

という話題をポストしたいと思います。

 

世界各国にアロマ・ハーブの団体は

ありますが、そういや米国にはどういう

団体があるのかな??とふと思い、

調べてみました⭐

 

正式名称は「National Association for Holistic Aromatherapy」

ですが、長いので以下NAHA協会で呼びますね。。

 

アロマテラピーにも色々な様式というか

流派みたいなものがありますが、

組織の成り立ちを知ることは、

情報のリソースとして活用するかどうかの

ヒントになりますね!

 

🌿NAHA協会について

🌼組織概要

 

NAHA協会は、非営利団体です。

 

Error - ExpressionEngine

 

精油とアロマテラピーについての科学的・

実証的・最新の情報を、一般人から

処方者・事業家・製品開発者・ブロガー・

ライター・教育者・専門家・メディアなどに

向けて幅広く発信しています。

 

ミッションとしては、

・香りのある植物や精油の薬用での使用の知識を最大限に発展させる
・ホリスティックな技術と科学としてのアロマテラピーをサポートしていく

とのこと。

 

自然療法において多用される

「ホリスティック」という言葉は直訳すると

「全体的」ですが、包括する意味合いが広い

ので、意味の捉えどころに困りますよね…💦

 

いつも思うのですが(´゚д゚)。。

🌼歴史

 

1990年アメリカ・コロラド州ボルダー

にて、創始者メンバーが

 

London School of Aromatherapy

 

の10カ月間の通信講座のために集結した

ことがきっかけでできた団体だそうです。

 

 

この講座の発起人がパトリシア・デーヴィス

という人で、この方はIFA

(International Federation of Aromatherapists)

の創立メンバーでもあります。

 

代表著作には『Aromatherapy An A-Z』や

『Subtle Aromatherapy』などがあります。

 

当初のパトリシアの講座は、

マルグリット・モーリーの思想を引き継いだ

内容のコースだったそうです。

 

マルグリット・モーリーはガット・フォセや
ジャン・バルネと並んで近代アロマテラピー
の礎を築いた方で、アロマの勉強をすると
わりと出てくる方です。

 

 

ちなみに、London School of Aromatherapyの日本校は麹町にあります。

 

“NAHA”の団体名については、

協会創設当初、すでにカリフォルニアに

American Aromatherapy Association

(AATA)という団体があり、地元に根ざした

ネーミングの“ロッキーマウンテン

アロマテラピー協会”にしようかという

議論があったようです。

 

ただ、米国の各地で各々のコミュニティを

育んでほしいという意味合いをこめて、

最終的には

National Association for Holistic Aromatherapy

になったのだそうです。

 

地元密着型よりは、米国全体を包括する

アロマテラピーの団体として地域に

隔たりなく、より広い知識の普及を目指した

ということでしょうか✨

 

 

創設メンバーたちで手分けして、

名前の登録・ロゴデザイン・ニュースレターの

執筆や宣伝活動などに勤しんだのち、

やがて、ロバート・ティスランドさんを

はじめとしたアロマテラピー界の著名人を

運営委員として迎え入れたそうです。

 

しかし、しだいに運営チームもそれぞれが

自分のビジネスに忙しくなり、協会の支援

基盤は脆弱になってしまったようです。

そのため、一部のメンバーでその後の業務を

引き取ったようです。

🌼コバナシ:Japanese Kodoh!?

 

ちょっと本題からそれますが、NAHA協会

運営メンバーの一人のLaraine Kyleという

方は、日本のお香の事業をやっていたそうです。

 

当時のアメリカでは、香道はよく知られて

いなかったようですが、そんななかで

お香に興味をもっていたとは面白いですよね。。

 

結局、Laraineさん自身はお香の会社を

たたんでしまったようですが、

当時彼女のサプライヤーをしていた松栄堂

さんは宝永2年創業、315年も続いている

お香の老舗です。

(京都が本店、コロラド州ボルダーにブランチ

があります。インスタもすごく素敵なので

是非覗いてみてください✨✨)

 

https://www.instagram.com/shoyeido_incense

 

🌿資格コースについて

 

NAHA協会の資格コースはすごくシンプルで、

LEVEL1~3の3コースに分かれています。

LEVEL1→2→3の順番でないと、取得できません。

 

日本語で学べるスクールは2校(+別途分校)

あります。

 

費用は、それぞれのコースごとに

およそ20~25万ほど。

 

内容としては、アロマテラピーの基礎から、

解剖生理学、化学、植物学など多岐にわたる

ようです。

アロマクラフトの実習もあります。

(オンライン講座なら実習の機材は別途郵送)

 

費用さえ払えばオンラインで受講OK、

自己学習で資格が取れるようなので、

自分のペースで勉強したい方にはぴったりですね😊✨

🌿他組織との関連

 

NAHA協会は、American Botanical Council

(以下ABC)が運営している“HerbMed Pro

という約250種類以上のハーブの情報を

集約したデータベースに、一部の情報を

提供しています。

 

このデータベースでは、ABCが採択した

組織が、各ハーブの情報の更新を担当

するようになっています。

 

19年12月に、NAHA協会は、

真正ラベンダーの情報元の担当に

採用されました。

 

 

National Association for Holistic Aromatherapy Adopts True Lavender through ABC’s Adopt-an-Herb Program
The American Botanical Council (ABC) welcomes the National Association for Holistic Aromatherapy’s (NAHA’s) adoption of true lavender (Lavandula angustifoli…

 

Herb Med Proの姉妹版であるHerb Med(同じくABCが運営)は、JAMHA
(日本メディカルハーブ協会)が信頼できるハーブの情報のリソース元としてテキストに
掲載しているデータベースです。Herb Medの方は、一般の方でも無料で見られます。
 

 

極力咀嚼して書いたものの、

人名やら団体名が多くて

 

「クラスターがオーバーシュートで

ロックダウン」

 

みたいな「??」な文章になっていない

と良いのですが……😫💦

 

業界団体って、もとを辿ればほとんどが

何らかのつながりをもっていて、

調べれば調べるほど面白いなと思いました😊

 

ではでは~~🖐💨

コメント