「ホリスティック」「統合医療」の分かりやすい定義・意味

こんばんわ🐷

 

アロマやハーブなどの、自然療法系の

勉強をしているとよく見かける

キーワードの1つに“ホリスティック”

があると思います。

 

こういう専門用語って

本を読んだ瞬間は理解

出来た気になるんだけど、

後でまた分からなくなる…

 

 

 

私もよく困りました。

(今もよくあります…💦💦)

 

今回は、

  • ホリスティック
  • 統合医療
  • 補完(代替)医療
  • CAM(カム)

あたりの解釈についてシェアしてみました。

 

 

もっとホリスティックな診療の

ケーススタディ・方法論について

良く知りたい!という方には

こちらの本がおススメです。

 

 
著者の降矢先生は、
赤坂溜池クリニックの院長の方で、
日本ホリスティック医学協会会長、
日本メディカルハーブ協会副理事長も
務めておられる先生です。
 
仕事や家庭など、対人関係に疲れたり
生活に潤いをなくたりして
心身のバランスを崩してしまった方に、
アロマトリートメントや鍼灸などの
アプローチを行いQOLを上げていった
事例から始まり、ホリスティック医学
の観点まで幅広く学べる1冊です✨

 

動画ではあまり踏み込んだ内容を

話せませんでしたが、

国立がん研究センターの資料によると、

米国で報告されたもので、

代替補完医療が臨床で成功したケースとして

 

  • 慢性疼痛(75%)
  • 胃腸病(59%)
  • うつ/不安障害(55%)
  • がん(52%)
  • ストレス(52%)

 

が挙げられていました。

 

※ソースはPMC(Pub Med Central)の

Bravewell Collaborativeという慈善活動

団体の発表によるものです。

 

(必ずしも病気の「治癒」でなく、

副作用の軽減なども含んでの臨床的に

成功という意味合いです)

 

このあたりは、緩和ケアなどとも

非常に親和性が高い領域のように感じます。

 

日本では、民主党政権時に、政府主導で

統合医療推進の必要性が問われた事もありましたが、

医師会の慎重な姿勢もあり、なかなか

アメリカのように、補完代替医療を専門に

研究する大規模な機関ができていないのが

現状だと思います。

 

たしかに、根拠のないトンデモ医療が

流行るのは良くないと思う反面、近代

医療ではできない養生やQOL向上こそ、

補完療法の得意領域とも思います。

どこまでを許容していくかは永遠の

テーマですね…💦

 

■参照資料:

・2019年1月16日第16 回 がんサバイバーシップオープンセミナー  

https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/pdf/16OS.pdf

・PubMed Central:Integrative Medicine in America

—How Integrative Medicine Is Being Practiced in Clinical

Centers Across the United States

Integrative Medicine in America—How Integrative Medicine Is Being Practiced in Clinical Centers Across the United States

 

 

 

今回は、自然療法関連の用語について

でした。。

 

ではでは~~🖐💨

コメント